CameraManagerに関するよくある質問FAQ

CameraManager アカウント

パスワードを変更するには、以下の手順を行います。

1) CameraManagerポータルにログインします。

2) 画面中央にダッシュボード、アカウント設定が表示されます。「アカウント設定」をクリックします。

3) アカウント設定ページでは、現在のパスワードを固有のパスワードに変更することができます。変更を保存するには、更新をクリックします。

インストールされているコンピュータアプリまたはオンラインJavaアプリを使用する:

1) カメラマネージャーポータルにログインします。

2) ダッシュボードで、[アカウント設定]をクリックして、個人情報の詳細と設定を開きます。

3) アプリを使用する言語の[言語]のドロップダウンメニューを選択します。 [変更を保存]をクリックします。

4) 「ダッシュボード」に戻り、アプリを起動します。 アプリが選択された言語で表示されます。

スマートフォンやタブレットでアプリを使用する:

モバイルアプリでは、スマートフォンやタブレットのOSが設定されている言語で自動的に開きます。スマートフォンやタブレットのカメラマネージャーアプリの言語を変更するには、オペレーティングシステムの言語を変更する必要があります。

注: 我々は常にアプリを改善し、新しい言語を追加しています。選択した言語がサポートされていない場合、アプリは英語で表示されます。

アカウント設定を変更するには、以下の手順に従ってください:

1) カメラマネージャーポータルにログインします。 ログイン詳細を入力し、[開始]ボタンをクリックします。

2) 画面中央にダッシュボード、アカウント設定が表示されます。 [アカウント設定]をクリックします。

3) アカウント設定ページでは、パスワードやメールアドレスなどのアカウント設定を管理できます。変更を保存するには、[変更を保存]をクリックします。

アカウントに複数のサブユーザを追加することは可能です。この方法で、それぞれサブユーザの資格情報を使用して、デスクトップアプリにログインできます。スーパーユーザは、サブユーザに権利を割り当てることができます。

サブユーザを追加するにはどうしたらいいですか?

1. ライブビュー画面の上部にある[設定]タブをクリックします。

2. [ユーザーの追加]、[新しいユーザーの追加]の順にクリックします。

3. フィールドに情報を入力し、[保存]をクリックします。

新規ユーザーにはアクセス権利がなく、カメラにアクセスすることはできません。スーパーユーザーはこの設定を変更する必要があります。

はい、カメラマネージャーダッシュボードから定期契約権限をアップグレードまたはダウングレードできます。アップグレードすると(1か月あたりのトータルコストが高くなります)、新しいプランを直接利用できます。プラン開始日は、アップグレードされた日に変更されます。ダウングレードすると(1か月あたりのトータルコストが安くなります)、新しいプランは、次の請求期間の開始時に利用可能になります。

1. CameraManagerーポータルにログインします。

2. 画面中央にダッシュボード、アカウント設定が表示されます。「アカウント設定」をクリックします。右下にある「アカウントを停止」をクリックします。

3. イーグルアイネットワークスからキャンセルを受信すると、お客様のキャンセルが、契約終了日30日前の最小通知期間内であるか確認します。30日の通知期間を過ぎた場合は、次の可能なキャンセル日時を適用します。

ご自身のアカウント管理のために、日時を含むポストならびにメールの通知を、常に記録・保管しておくことをお勧めします。

サブスクリプションは自動的に更新されます。リニューアルでは、どのサブスクリプションでも更新されます。そのため、一旦停止することなく、アプリを使用し続けることができます。

CameraManagerモバイルアプリ

AndroidとiOSの両方のアプリに対応しています。 それぞれGoogle Play Store、App Storeでアプリをダウンロードできます。

Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cameramanagerlite.android
iOS: https://itunes.apple.com/nl/app/cameramanager/id494830893?mt=8.

モバイルアプリは、スマートフォンやタブレットのOSが設定されている言語で自動的に開きます。スマートフォンやモバイルでカメラマネージャーアプリの言語を変更するには、OSの言語を変更する必要があります。

パスワードをリセットするには、以下の手順に従ってください。

1. アプリを開いた後、「ログインができない場合」をクリックします。
2. アカウントのメールアドレスを入力して、パスワードを再設定するためのメールを受信し、[送信]をクリックします。

プラグ&プレイを使用してアプリケーションにカメラを追加するには、以下の手順に従ってください。

1. 携帯端末でアプリを開き、ログインします。 ログインに問題がある場合は、この質問の手順に従ってください。
2. 左上のメニューアイコンをクリックします。
3. アプリケーションメニューの[設定]をクリックします。
4. 新しいウィンドウが表示されるので、 [カメラを追加]をクリックします。
5. 開始ウィザードを選択します。
6. 追加するカメラを選択し、[カメラを追加]をクリックします。  
7. すべてのカメラの詳細が正しいかどうかを確認し、[実行]をクリックします。 
8. 必要に応じて、カメラに名前を付けてカメラの場所を追加します。次に、PnP(プラグ&プレイ)ボタンを有効にして、[カメラを追加]をクリックします。
9. これでカメラがアプリに追加されます。カメラのライブ画像を見るには、[ライブ画面を見る]を選択します。 [別のカメラを追加]を選択し、別のカメラを追加する場合は[閉じる]をクリックしてインストールウィザードを閉じます。カメラをWiFiに接続する場合は、[無線接続の設定]を選択します。

この問題にはさまざまな原因があります。すべての解決方法を試してください。解決策を試した後でも問題が解決されない場合は、次の方法を試してください。問題が解決するまで続けます

お使いの端末(Android、またはiOS)が最新版のソフトウェアへアップデートされており、最新版のカメラマネージャーアプリが実行されていることを確認してください。

ケース:
アプリがシャットダウンされるたびに、アプリケーションは再ログインを要求します。

解決策 1
モバイル端末を再起動します

Apple: 
電源ボタンを長押しして、「電源を切る」と表示されるまで待ってください。スライドしてデバイスの電源を切ってください。再起動するには、電源ケーブルを接続するか、起動するまで電源ボタンを押します。

Android:
電源ボタンを押し、[電源を切る]をクリックします。デバイスを再起動するには、起動するまで電源ボタンを押します。

解決策 2
アプリケーションを削除し、再インストールします。

Apple:
削除:
アプリアイコンを長押しし、アイコンの左上隅に[×]が表示されるまで待ちます。 [×]をクリックし削除します。

再インストール:
App Storeを開き、「カメラマネージャー/Cameramanager」を検索してアプリを再インストールします。

Android:
削除:[設定]から、[アプリ]に移動して、削除するアプリを選択します。[アンインストール]を選択し削除します。

再インストール:
Google Play Storeアプリから[カメラマネージャー/Cameramanager]を検索し、アプリを再インストールします。

CameraManagerデスクトップアプリ

cameramanager.com/dowloadからダウンロードする:

www.een.com/ja/product/cm-system-overview/へアクセスすると、ダウンロードとインストールが可能です。インストーラが開始すると、画面上に手順が表示されます。Windows、Macどちらでもご利用いただけます。アプリケーションはデスクトップ上でご利用いただけます。

ダッシュボードから開始する(手順1):

1. een.comへアクセスします。画面右上の「Log in to My Cameramanager」をクリックします。

2. 「Launch」を選択します。

  1. https://www.een.comにアクセスします。
  2. 画面の右上にある「Log in to my Cameramanager」をクリックします。
  3. ご自身のログイン詳細をポップアップ画面に記入し、「開始」をクリックします。
  4. ダッシュボード画面で「ダウンロード」セクションの「PC」をクリックします。Internet Explorerを使用している場合:画面下部にタスクバーに「CameramanagerWIN.exe(2.05 MB)を実行または保存しますか?と表示されるので、 cameramanager.com 「実行」をクリックします。インストールウィザードが自動的にカメラマネージャーアプリを開いてインストールします。 この場合、手順5と6をスキップしてください。Firefoxを使用する場合:ポップアップ画面が開き、「CameramanagerWin.exeを保存しますか?」と表示されるので、保存して下さい。
  5. ダウンロードが完了したら、Internet Explorerを使用している場合:CameramanagerWin.exeファイルをダウンロードする際「実行」ではなく「保存」をクリックした場合のみ、ファイルがダウンロードされたフォルダから開いてください。Google Chromeを使用している場合:ウェブブラウザの下部にあるダウンロードタスクバーのファイルをクリックしてください。Firefoxを使用している場合:ウェブブラウザの右上にある矢印をクリックし、ダウンロードしたファイルを開き、それをクリックしてください。
  6. ファイルを開くと、インストールウィザードが自動的に起動し、カメラマネージャーアプリがインストールされます。
  7. インストールが完了すると、カメラマネージャーアプリが自動的に起動し、カメラマネージャーアカウントを使用してログインできます。

1. カメラをルータに接続します。イーサネットケーブルをルータのLAN /イーサネットポートに差し込み、カメラをルータに接続します(図1)。ケーブルのもう一方をカメラのLAN / イーサネットポートに差し込みます。

2. カメラを電源に接続します。カメラのアダプターを使用してカメラを電源に接続します。

3. cameramanager.comにログインします。 すでにログインしている場合は、ステップ4に進んでください。 それ以外の場合は、この手順に従います。

4. アプリをデスクトップにダウンロードします。これを行うには、この資料の手順を実行します。

5. 左下にある[新しいカメラを追加]ボタンをクリックして、アカウントにカメラを追加します。ネットワーク内に新しく検出されたカメラが、ポップアップウィンドウにて表示されます。自動接続ボタンをクリックすると、カメラが自動的に接続されます。

6. 接続後、カメラの名前とパスワードを変更することができます。

7.  「Finish and go live!」をクリックしてください。これでカメラがアカウントに追加されました。

CameraManagerのウェブサイトにログインするには、以下の手順に従ってください。

1. cameramanager.comにアクセスしてください。右上隅にある[カメラマネージャーにログイン]をクリックします。

2. ログインの詳細を入力し、[開始]ボタンをクリックします。

  1. http://www.cameramanager.com
    にアクセスして下さい。
  2. 画面の右上にある「CameraManagerにログイン」をクリックします。
  3. ログインの詳細をポップアップ画面に記入し、「開始」をクリックします。
  4. ダッシュボード画面で、「ダウンロード可能」セクションにある「Mac」をクリックします。Google Chromeを使用する場合:CameramanagerMac.dmgファイルが自動的にダウンロードされます。画面の下部にあるWebブラウザでダウンロードしたファイルをクリックするか、 「ダウンロード」フォルダ内のファイルを見つけて開きます。Firefoxを使用する場合:ファイルを保存するように選択し、「OK」をクリックします。「ダウンロード」画面から、CameramanagerMac.dmgファイルをダブルクリックします。Safariを使用する場合:Finderの「ダウンロード」フォルダから、ダウンロードしたファイルを開くか、Webブラウザの右上にある矢印をクリックして、CameramanagerMac.dmgファイルをダブルクリックします 。
  5. ポップアップで表示されたフォルダ内のCameramanagerアプリケーションアイコンを右クリックし、[開く]をクリックします。 あなたのMacには、「CameranagerMacインストーラは開発元が未確認のものです、開いてもよろしいですか?」というメッセージが表示されます。もし「プライバシーとセキュリティ 」設定を変更している場合、別のメッセージが表示されることがあります。「開く」をクリックすると、カメラマネージャーアプリが自動的にインストールされ、起動します。
  6. [開く]をクリックして、カメラマネージャーアプリを開きます。
  7. ファイルを開くと、インストールウィザードが自動的に起動し、カメラマネージャーアプリがインストールされます。
  8. インストールが完了すると、カメラマネージャーアプリが自動的に起動し、カメラマネージャーアカウントを使用してログインできます。

1. アカウントにカメラを追加します。問題がある場合は、この手順に従ってください。

2.  インストールウィザードのポップアップウィンドウで[無線接続の設定]をクリックします。

3.   新しいポップアップウィンドウが開きます。一部のフィールドはあらかじめ入力されています。Wi-Fiネットワーク(SSID)の名前、通信モード、暗号化のタイプ(WEP、WPA、WPA2など)とパスワードを入力してフィールドを変更します。[保存]をクリックします。

4. もし、イーサネットケーブルを取り外すことがウィザードに表示されたら、イーサネットケーブルを取り外してください。カメラがWi-Fiネットワーク経由で自動的に接続に切り替わります。

ライブビューアでは、カメラが録画しているものをリアルタイムで表示できます。

ライブビューアのメイン画面には、アカウントのカメラの概要が左側の列に表示されます。右側のフィールドには、選択したカメラのライブ画像が表示されます。カメラを表示するには、カメラをライブビューの中央にドラッグします。ライブビューが「シングルビュー」に設定されている場合、1つのカメラをビューアで表示できます。複数のカメラを同時に表示するには、「マルチビュー」を選択します。

カメラを選択すると、カメラをコントロールする機能が表示されます(図2)。左上には、開いているカメラの名前、表示されている1秒あたりのフレーム数、およびカメラが現在使用している帯域幅が表示されます。画面の矢印を使用してカメラをコントロールできます。カメラを上下左右に動かしたり、ズームイン/ズームアウトしたりできます。ライブビューでカメラを開いた後、プリセットを開いて、カメラの内容をスナップショットで表示することもできます。

特定のカメラの設定を変更するには、以下の手順に従ってください。

1. アプリの左上隅にある[設定]タブをクリックします。

2. [カメラ]をクリックし、設定を変更したいカメラをクリックします。

オーディオ機能は、ダウンロード可能なコンピュータアプリまたはオンラインJavaアプリでのみ設定できます。

ライブオーディオ: ライブビューで直接オーディオ機能を使用できます。カメラをライブビューにドラッグし、マウスで右クリックします。小さなメニューが表示されます。オーディオボタンを押してライブオーディオを再生します。このメニューでは、音量を管理することもできます。

オーディオを録音する: オーディオを録音する場合は、「カメラ設定」で管理できます。[設定]タブに移動し、リストからカメラを選択します。「ビデオ設定」を選択し、「オーディオを録音する」のチェックボックスを選択し、[保存]をクリックしてください。

[設定]に移動し、設定を変更するカメラを選択します。圧縮率のタイプ、解像度、1秒あたりのフレーム数(FPS)を変更するには、[ビデオの設定]に移動します。

インストールか、オンラインのJavaアプリで、カメラの動体検知、音検知、または赤外線センサーを有効にできます。

1. 「設定」に移動します
2. 画面右上の「カメラ」をクリックします。
3. 動体検知、音検知、赤外線の検出設定を変更するカメラを選択します
4. 「スケジュールと通知」に移動します
5. CLVR、動体検知、音声検知、赤外線検知のタイムライン上をクリックします。
6. マウスボタンをクリックしたまま、ご希望の時間間隔にカーソルをドラッグします。タイムラインが黄色になると、間隔が設定されます。
7. 「保存」をクリックします。

すべてのモバイルデバイスの通知をオフにする

すべてのモバイルデバイスの通知をオフにするには、インストールされているアプリ、またはオンラインJavaアプリの通知をオフにする必要があります。

  • [設定]に移動します
  • 右上の[カメラ]をクリックします。
  • 動体検知の設定を行うカメラを選択します。
  • [スケジュールとトリガー]に移動します
  • オプションの[プッシュ通知]で時間間隔をマウスの左ボタンでクリックします。
  • マウスボタンをクリックしたまま、削除する時間間隔にカーソルをドラッグします。そうするとタイムラインの黄色が消えます。
  • [保存]をクリックします。

特定のモバイルデバイスの通知をオフにする

特定のモバイルデバイスで通知をオフにする場合は、モバイルデバイス自体の設定を変更する必要があります。

  • 端末でカメラマネージャーアプリを開きます
  • [設定]に移動します
  • [一般と通知]に移動します
  • [通知方法]で、プッシュ通知を[オフ]にしてください。
  • [保存]を選択します

ビットレート制御により、カメラで使用する帯域幅を簡単に制限できます。ネットワーク上に多数のデバイスがある場合、または最初に帯域幅が不足している場合は、カメラの帯域幅を1/8〜2 Mb / sに制限できます。

帯域幅制御を使用するには:

  • [設定]に移動します
  • 帯域幅を管理するカメラを選択します
  • [映像設定]に移動します
  • プレビュー画面の下、ビームをクリックして最大帯域幅を設定します。1/8から2Mb/sの間で選択してください。

CameraManager カメラ

クラウドカメラ/パナソニックK-EP104LWEとCameramanager go! / BL-VT164Wは、有線と無線の両方で使用できます。アカウントにカメラを追加する際は、付属のイーサネットケーブルを使ってカメラをルーターに接続します。必要に応じて、イーサネットケーブルをルータに残しておき、有線接続します。また、ワイヤレス接続を使用してカメラを使用するには、ワイヤレス設定に従います。

カメラマネージャー360°/ Panasonic WV-SF438は、イーサネット接続でのみ動作します。Wi-Fiは、カメラマネージャー360°/ Panasonic WV-SF438ではサポートされておりません。

パナソニック K-EP104LWE、およびBL-VT164Wは、次のネットワーク暗号化キーをサポートしています:

  • WEP方式:64bit / 128bit:64bit / 128bit WEP方式で暗号化を行います。 この暗号化方法は数分でハッキングする可能性があるため、WEPを使用しないことを強くお勧めします。
  • WPA-PSK(TKIP):暗号化を実行するためにTKIPが使用されます。TKIPは設定された間隔で暗号化キーを更新するため、WEPよりも強力な暗号化を行います。
  • WPA-PSK(AES):AESを使用して暗号化を実行します。AESは暗号化キーを設定された間隔で更新するため、WEPよりも強力な暗号化を行います。WPA-PSK(AES)はハードウェアレベルで暗号化を処理するため、WPA-PSK(TKIP)と比べてスピード損失を抑えることができますが、サポートされているデバイスにのみで接続できます。
  • WPA-PSK(TKIP / AES):WPA-PSK(TKIP)またはWPA-PSK(AES)は、ワイヤレスルータで使用される暗号化方式に従って自動的に選択されます。.
  • WPA2-PSK(TKIP):この方式は、WEPおよびWPAよりも強力な暗号化方式です。
  • WPA2-PSK(AES):この方式は、WEPおよびWPAよりも強力な暗号化方式です。WPA2-PSK(AES)はハードウェアレベルで暗号化を処理するため、WPA2-PSK(TKIP)と比べて速度損失を抑えることができますが、こちらもサポートされているデバイスにのみで接続できます。
  • WPA2-PSK(TKIP / AES):WPA2-PSK(TKIP)またはWPA2-PSK(AES)は、ワイヤレスルータで使用される暗号化方式に従って自動的に選択されます。
  • WPA/WPA2-mixedmode PSK:ワイヤレスで使用される暗号化方式に従って、WPA-PSK(TKIP)またはWPA-PSK(AES)、WPA2-PSK(TKIP)、またはWPA2- PSK(AES)の組み合わせが自動的に選択されます。
  • 暗号化なし:ワイヤレスルータとカメラ間のデータ伝送は暗号化されません。
  • デフォルト:暗号化なし

カメラの設置を依頼する場合は、販売店にお問い合わせください。最寄りの設置業者よりご連絡いたします。

CameraManager Cloud Camera/パナソニックK-EP104LWEとCameramanager go! / BL-VT164Wは802.11n/b/g WiFiネットワークをサポートしています。

次の手順は、有線接続を介してカメラを接続した時のみ動作します。有線接続でカメラを接続していない場合は、「CameraManagerアプリにカメラを追加するにはどうすればよいですか?」という質問に進みます。

1. アプリ上の[設定]に移動し、左側のリストからカメラを選択します。
2.  次に[ワイヤレス設定]をクリックします。一部のフィールドは、あらかじめ入力されています。Wi-Fiネットワーク(SSID)の名前、通信モード、暗号化のタイプ(WEP、WPA、WPA2など)とパスワードを入力してフィールドを変更します。[保存]をクリックします

3. アプリから取り外しの指示するが表示されたら、イーサネットケーブルを取り外します。カメラがWi-Fiネットワーク経由で自動的に接続に切り替わります。

注: もしSSIDまたはパスワードが正しく入力されていないと、LAN /イーサネットケーブルを取り外してから1分後でも、カメラのランプが緑色に点灯しません。このような場合は、まず、カメラの電源を切ってください。そして、カメラをLAN /イーサネットケーブル、電源に再接続し、WiFiの詳細をもう一度記入してください。

監視カメラに関する法律は国によって異なります。一般的には、監視カメラが敷地内にあることを人々に通知する必要があります。監視カメラに関する地域の法律や規制に関する詳しい情報が必要な場合は、地域の法執行機関にお問い合わせください。

ネットワーク設定を初期化するには(工場出荷時の設定にリセットする)、カメラを電源ケーブルに接続したままにしてください(カメラがLANケーブルに接続されているかどうかは関係ありません)。その後、カメラの両方のライトが消灯するまで、リセットボタンを押したままにしておきます。リセットボタンは、カメラの背面の左下にあります。これで、クラウドカメラは工場出荷時のデフォルトに初期化されます。

解決策は見つかりましたか?

下記にメールを頂ければ、できるだけ早くご連絡いたします。support@CameraManager.com

+31 (0)20 26 10 460 
営業時間
9:00 AM – 5:30 PM (CET:中央ヨーロッパ時間)

詳細:Eagle Eye CameraManager