Eagle Eye Cloud VMS
ビジネスを支えるクラウド監視システム

「防犯・監視」はすでにクラウドの時代へ。クラウド監視カメラなら、セキュリティをスマホ1つで簡単に管理できます。

VMS-HeaderImage

すべての管理をスマートに

オープンプラットフォームで 広がる
無限の可能性

「Eagle Eye Cloud VMS」は、ただのクラウド監視カメラシステムではありません。人工知能を活用したクラウドサービスにより、店舗の防犯・監視カメラと連携するだけで、既存の防犯システムを大きくアップグレードします。 現場の状況やセキュリティといったビジネス環境を維持しつつ、監視カメラをよりスマートに管理することが可能です。

OpenPlatform-Camera fi

監視カメラを一歩先へ

BIツールが
ビジネスを変える

監視カメラのクラウドサービスは、ビジネスインテリジェンス(BIツール)としても役立ちます。スマートデータを一括管理&クラウドへ保存することによりビジネスを可視化。見えていなかった問題を浮き上がらせ、意思決定や日々のオペレーション改善を支えます。

監視カメラを支える
人工知能 (AI)

クラウド監視カメラの「Eagle Eye Cloud VMS」には、会社の規範を学習する人工知能(AI)が搭載済み。監視カメラの管理に気を取られることなく、重要な仕事に集中できます。

アラートと通知

異常事態が発生すれば、リアルタイムでお知らせします。 クラウド監視カメラの「Eagle Eye Cloud VMS」なら、カメラとの接続が切れたり、カメラが不正にブロックされたり、または誰かが通ったことを検知すると、設定した条件のもと、デバイスへアラートを通知します。

Gradient-Alerts

映像解析

クラウドに保存された映像データをもとに、さまざまなパターンを検知した映像解析も可能です。危険なトラブルの未然防止やコンプライアンスの遵守チェックなど、日々の運営改善に繋がります。

EEN-Icon-LineCrossing-w-3.png
ラインクロス
EEN-Icon-ObjectCounting-w.png
カウント
EEN-Icon-IntrusionDetection-w.png

侵入検知

EEN-Loitering-w.png

ロイタリング

オープンなAPIプラットフォーム

EEN-Icon-LPR-w-1

ナンバープレート認識(LPR)

クラウドに保存されるデータは映像だけではありません。車のナンバープレートなどを自動識別し、画像や情報として一元化管理のもと、簡単に来歴検索を行えます。

EEN-Icon-AccessControl-w-1

アクセス制御

監視カメラのクラウド制御管理は1つのユーザーインターフェイスで機能を実現。いつでもどこでも、スマホ1つで防犯チェックをサポートをします。

”容量不足”は過去のモノ

「Eagle Eye Cloud VMS」なら録画データはすべてクラウドストレージで管理。ハードウェアのストレージ確保も必要なく、簡単に容量を拡張できます。

ひとたび接続すればどこにでも

スマホ1つで
すべてを見通す

スマホやタブレット、ノートパソコンを使えば、いつでもどこでもあなたの防犯カメラにアクセスできます。 海外にいても、どんな時間帯でも、監視カメラの状況をクラウドで確認することが可能です。ライブ映像や録画した映像をチェックできるだけでなく、対応した防犯カメラの角度を操作したり、映像ファイルをメールで送信したりすることもできます。

イーグルアイブリッジ

コンパクトな筐体が秘める
優れた性能

「イーグルアイ ブリッジ」は、クラウド監視カメラに必要なインターネットへの映像伝送能力を満たしつつ、確かなセキュリティで不当なアクセスから映像を守ります。 ローカルからクラウドまで、映像の保存方式はどちらにも対応可能です。最高の暗号化技術で録画データを安全に管理します。

セキュリティ・バイ・デザイン

導入から設置まで完璧な設計

以前の防犯監視システムでは、防犯カメラだけでなく、管理ハードウェアやソフトの継続的なメンテナンス、サーバーの用意など複雑な導入手順が必要でした。 イーグルアイネットワークスなら、クラウド監視サービスを簡単に導入することが可能です。設置したサードパーティツールともシームレスに接続できるため、既存システムの拡張もサポートします。

無限に拡張できるシステム

エンタープライズ対応

クラウド監視カメラの「Eagle Eye Cloud VMS」なら、監視システムの管理に必要な時間を減らせるため、ビジネスの運営と最適化に注力できます。 ハイレベルな分析機能で従業員のトレーニングレベルを比較したり、誰も気付かなかった安全上の問題を警告したりすることも可能です。即座にアクションを起こせる情報を、確かなタイミングで提供します。

クラウド監視サービスによって変わる個性

”映像”のために
構築されたシステム

「Eagle Eye Cloud VMS」は、監視カメラの録画を保存・管理するためのクラウドサービスです。 防犯映像を保存・操作するまでの過程を効率化しており、遅延を最小限に抑えてクラウドカメラにアクセスできます。 また、多くの人が活用できるパブリッククラウドは、ポリシー変更や利用料金の値上げなどの影響を受けてしまうことも。「Eagle Eye Cloud VMS」はできる限り中間業者を避けることで、利用コスト抑えて運用できるようデザインされています。

クラウド監視サービスによって変わる個性

”映像”のために
構築されたシステム

「Eagle Eye Cloud VMS」は、監視カメラの録画を保存・管理するためのクラウドサービスです。 防犯映像を保存・操作するまでの過程を効率化しており、遅延を最小限に抑えてクラウドカメラにアクセスできます。 また、多くの人が活用できるパブリッククラウドは、ポリシー変更や利用料金の値上げなどの影響を受けてしまうことも。「Eagle Eye Cloud VMS」はできる限り中間業者を避けることで、利用コスト抑えて運用できるようデザインされています。

最小の投資で最高のセキュリティを

クラウドで広がる選択肢

「Eagle Eye Cloud VMS」は、ほとんどの主要メーカーの何千ものアナログ・デジタルカメラに対応しています。 既存の監視・防犯カメラ設備はそのまま、クラウドサービスに接続するだけで過去の投資を有効活用することが可能です。

CameraIcons-Grid (1)

世界に広がるパートナーシップ

シームレスに繋がる
アクセス制御

事務所や大企業の施設、または多世帯住宅でも。世界中で使われる「Eagle Eye Cloud VMS」は、映像監視の警備システムを提供するBrivoとパートナーシップを結んでいます。 テナントや来訪者、従業員の管理でセキュリティに気を配る責任者のために、Brivoの統合アクセス制御で確かなソリューションを提供します。

世界に広がるパートナーシップ

シームレスに繋がる
アクセス制御

事務所や大企業の施設、または多世帯住宅でも。世界中で使われる「Eagle Eye Cloud VMS」は、映像監視の警備システムを提供するBrivoとパートナーシップを結んでいます。 テナントや来訪者、従業員の管理でセキュリティに気を配る責任者のために、Brivoの統合アクセス制御で確かなソリューションを提供します。

課題を解決する