Eagle Eye Cloud VMSで 患者と医療スタッフの安全性が更に向上します。

医療機関向けクラウド監視カメラシステムEagle Eye Cloud VMS で患者とスタッフの安全性を向上

クラウド映像監視のメリット 医療機関

高レベルのセキュリティを維持しつつ、患者や見舞客の方々のために安心・安全で快適な環境を構築するとなると、医療機関は多くの課題に直面します。 イーグルアイネットワークスの医療機関向けクラウド監視カメラシステムは、適切な患者ケアを監視し、貴重な資産を保護し、スタッフがすべての健康および安全基準を満たしていることを確認するための、シンプルで拡張性のある、費用対効果の高いシステムです。

Healthcare Video Surveillance Solutions

iOSとAndroid端末で、遠隔からカメラにアクセスして、簡単に重症患者の監視をし、医療スタッフのコンプイアンスを適切に保つことができるようになります。

BrivoやSaltoなどのブランドによるクラス最高のアクセス制御ソリューションとの統合により、制限区域を監視できます。

サイバーセキュリティ対応のアップデートと改善を継続的に提供することで、ITリソースへの要求を削減します。

医薬品や個人用防護具(PPE)などのサプライマネジメントや賠償責任保護についての洞察力を高めるため、ライブ映像や録画された過去の映像にアクセスできます。

低コストで映像保管 規制に対応

医療機関の映像保管に関する規制は、ロケーションによって異なり、変更されることがあります。 また、医療機関によっては、映像証拠は賠償責任保護のために重要であるため、最低要件よりも長い期間、映像を保存したいと考えることもあるでしょう。

Eagle Eye Cloud VMSを使用すれば、映像保存の要件が変更されても、新たにハードウェアを購入してインストールする必要はありません。 Eagle Eye Cloud VMSは、真のクラウド型映像監視システムです。ダッシュボードで簡単シンプルに、カメラごとに最大20年間までの映像保存をリアルタイムで調整することができます。

ヘルスケア向けクラウド監視カメラ

アクセス制御統合ソリューション で制限区域を監視

医療機器や患者の個人情報を守るためにも、制限区域の監視は医療機関にとって非常に重要です。 イーグルアイネットワークスは、完全に統合されたセキュリティ・ソリューションのため、最高クラスのアクセス制御システムとの統合を提供しています。 映像とアクセス制御イベントを関連付け、カメラとドアやアクセス制御アカウントにリンクされた他のセンサーを関連付けることができます。

デモをご希望の方は こちらのフォームよりお申込み下さい。