映像監視における2021年の動向

eBook版には、追加予測などのボーナスコンテンツが含まれています。 2021年に成功を収めるために知っておく必要のある業界の動向を読む

2021年の動向eBookを読む

トレンド-電子ブック-カバー-20201213

概要

2020年は新型コロナウィルスの世界的大流行をもたらしました。 社会不安。 政治的分断。 前例のない山火事。 そして、ほぼ記録破りのハリケーンや台風。 2020年は世界にとって苦難の一年となりました。もちろんこれらの出来事はそれぞれ別の問題です。しかし、要因や背景の考察をすれば、起きていることはそれぞれ因果関係があるのかもしれません。残念ながら、まだ世界では新型コロナの感染拡大が続いており、2021年に入っても、私たちはこれらの危機を乗り越えていかなければなりません。

実際、世界中でこのような不確実性が続いていることが、2021年に向けて当社が予測しているセキュリティ業界の動向のほとんど(すべてではないにせよ)の根本的な問題となっています。 例えば、クラウドへの移行が加速していること、プライバシーと連動した安全性を求める声が高まっていること、正確なデータと分析の必要性が強調されていることなどご説明します。

では、当社の専門家が、映像セキュリティ業界の2021年における展開をどのように見通しているかをご紹介いたします。

映像監視における2021年の動向

  1. 顧客はクラウドを求めています。
  2. 高度な解析(AI)は、映像監視システムをさらに価値のあるビジネスソリューションに変換します。
  3. 映像監視コンプライアンス要件は常に進化しています。
  4. IT部門は現在、映像監視に従事しており、映像監視を所有しているケースが多数です。
  5. 顧客は、価値がより明確になるにつれて、システムがオープンで接続されていることを期待しています。