TCO分析により分かる 一般的VMSとクラウドVMSの違いとは?

ディーン・ドレイコ(イーグルアイネットワークス、CEO)

PDFバージョンでは、ホワイトペーパーの詳細をご覧いただけます。

TCOとは、「Total Cost of Ownership」の略称で、システムの
総所有コスト分析を意味します。特定システムの導入から運用 後までも含むライフサイクル全体にかかる総所有コストを明確に します。その結果、TCOは「ライフサイクルコスト分析」と呼ばれ ることがあります。TCO分析により、テクノロジの所有と運用に かかる「目に見えるコスト」と「目に見えないコスト」の両方が明らかになります。

セキュリティ技術を購入し、展開、運用していくにあたり、リ スク回避目標と財務目標とを設定します。これらの目標は、一 般的によく見られる下記の購買計画にも反映されます。

  • セキュリティリスクを低減させる目標を達成するために、最高
    のテクノロジの価値を獲得する。
  • 無計画な技術運用やサービスコストによる想定外の出費を回
    避する。

衝撃的なのは、セキュリティ技術の「目に見えない」運用上の コストが、いかに大幅にシステムの総所有コストを引き上げてい るか、ということです。セキュリティ技術の所有コストが当初の 購入価格の2倍さらには4倍になることは一般的にはよくあるこ とです。ITサーバの総所有コストは通常、予定したコストの4倍です。

しかしながら、クラウドコンピューティングによって、映像管理 システム(VMS)のTCO係数が大幅に変わりました。VMSコン ピューティングと映像ストレージ基盤をクラウドに移行すること で、かなりの規模の経費削減を実現します。さらに、クラウド システムの信頼性、広域遠隔アクセス、そして強力なサイバー セキュリティ対策システムは、一般的なオンプレミスで適用して いるケースより遥かに優れています。

今や購入価格だけではなく、VMSの所有と運用にかかる全て のコストを把握し、一般的なオンサイトシステムより遥かに低く 済むクラウドシステムを選ぶことが可能になっています。コスト 削減の幅は、システムを展開する事業のタイプによって異なりま すが、一般的には次の通りです。

  • 中小企業・・・・・・・・・・・・・・・5- 15%
  • 複数店舗の小売業・・・・・・・25-40%
  • 大規模商業施設・・・・・・・・・15-25%
PDFをダウンロードして、詳細をご覧ください。

Download Total Cost of Ownership White Paper