Eagle Eye ニュース

7:40 pm2019年11月11日

@ITで 弊社CEO ディーン・ドレイコのインタビューが掲載されました。(「周りの意見は聞くな」——起業家エンジニアの若き日の後悔)

ITエンジニア向け専門サイト「@IT」で、世界で活躍するエンジニアの先輩たちに話を聞くという「GoGlobal!」シリーズ。弊社CEO(最高経営責任者)ディーン・ドレイコのインタビューが前編・後編の2回掲載されました。 後編では、仕事を通じて学び成長してもらいたいというディーンの経営者としての従業員に対する思い。そして、起業を考えている若いエンジニアの方々へのアドバイスとして、「もしそのアイデアの [続きを読む]

7:36 pm2019年11月11日

@ITで 弊社CEO ディーン・ドレイコのインタビューが掲載されました。(「たった一つのことだけするから誰にも負けない」——16歳で起業家になったエンジニアが大切にする体験とは)

ITエンジニア向け専門サイト「@IT」で、世界で活躍するエンジニアの先輩たちに話を聞くという「GoGlobal!」シリーズ。弊社CEO(最高経営責任者)ディーン・ドレイコのインタビューが前編・後編の2回掲載されました。 前編では、少年の頃よりエンジニアリングなど「何かモノを作ること」に興味があり、16歳で起業家になったディーンの体験。そして品質の高い顧客サポートが良いセールスを生むという考えから「 [続きを読む]

5:24 pm2019年10月22日

NVR、サーバ、クラウドの映像管理システムに必要な様々なIT知識

コストと製品機能。この2点が多くの場合、監視カメラとそNVRの設計を評価するのにも、ITの専門知識が不可欠です。 の映像管理システム・ソフトウェア、映像記録用サーバ、そして、 例ば、多くのエントリレベルのNVRは、RAID HDD(ハード・ディ NVR(ネットワークビデオレコーダ)を購入する際の決定要因とスク・ドライブ)の冗長性を有していません。最新のNVRは最新 なります。 [続きを読む]

5:19 pm2019年10月22日

TCO分析により分かる一般的VMSとクラウドVMSの違いとは?

TCOとは、「Total Cost of Ownership」の略称で、システム理システム(VMS)のTCO係数が大幅に変わりました。VMSコン の総所有コスト分析を意味します。特定システムの導入から運ピューティングと映像ストレージ基盤をクラウドに移行すること 用後までも含むライフサイクル全体にかかる総所有コストを明で、かなりの規模の経費削減を実現します。 ニュース これらのニュースサイ [続きを読む]

5:10 pm2019年10月22日

ローカル映像システムとクラウド映像システムとのサイバーセキュリティを比較する

今日のネットワーク映像監視システムは、様々な点でサイバー では、日本でのサービスに関連する感染したIoT機器数が、1か 攻撃に対して脆弱です。ネットワークカメラは、標的とされたシ月間で約100から12,000に増加したことがわかりました。 ニュース これらのニュースサイトでカバーされています。もっと読むには画像をクリックしてください。 [続きを読む]

7:14 pm2019年8月28日

SHIPSはなぜ、監視カメラにクラウドシステムの導入を決めたのか

セレクトショップ SHIPS事例:監視カメラのクラウド化がもたらした“防犯以上”の効果 1975年に設立し、「スタイリッシュスタンダード」のコンセプトのもと、セレクトショップ業態の先駆けとなったシップス(SHIPS)。同社は店舗の盗難対策に防犯タグとゲートを利用しているが、さらなるオペレーションの効率化とより強固な防犯体制を求め、先進的な技術を試行錯誤する。そこで同社がついにたどり着いた、従来の [続きを読む]

9:07 am2019年3月14日

クラウドVMSシステムの動向と戦略

イーグルアイネットワークス社創業者兼 CEOディーン・ドレイコ 今や世界のビジネス界ではクラウド・コンピューティングの導入率が高まり、クラウド・ベースの物理セキュリティ・アプリケーションの導入を検討する組織が増えていますが、約5年前までは考えられないことでした。 日本においてもクラウドの採用は急速に進んでいます。調査会社IDCジャパンによると、パブリック・クラウド・サービス市場規模は2018年で4 [続きを読む]

9:01 am2019年3月14日

イーグルアイネットワークス、日本法人本社を移転

クラウド映像監視システムを提供しているイーグルアイネットワークスは、日本市場への本格参入を開始した。同社では今回の新オフィス移転に伴い、セールス部門、セールス・エンジニアリング部門、マーケティング部門、カスタマー・サポート部門、研究開発部門を立ち上げる。さらに、新オフィスにはセミナー・ルームを開設し、パートナーへの支援活動も行う。年内の早い時期に10人程度の規模まで拡大する計画。 日本法人の新オフ [続きを読む]