パパ・マーフィーズ

Papa Murphy’s

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

テキサス州のパパ・マーフィーのフランチャイズオーナーは、レストランのセキュリティを強化するだけでなく、ピザがいつも新鮮で、高品質であることを常に目指していました。オーナーは、Eagle Eye Networksとスウィフトセンサー(Swift Sensors)の統合技術を利用して、両方の問題に対するソリューションを迅速に対処しました。この統合技術によって、パパ・マーフィーのオーナーは、スウィフトセンサーネットワークからの通知を受信するたびに、リアルタイムビデオ画像を確認しています。

Eagle Eye Networksでは、複数の場所に位置するカメラのデータを、Eagle Eye クラウド VMSを使用して、クラウド上にストリーム配信します。営業時間および営業時間外の、従業員と顧客を監視カメラで調査することにより、オーナーの業務改善に役立つようになりました。スウィフトセンサーを使用すると、ワイヤレス温度センサーにより、ウォークイン冷蔵庫などの温度を常に監視することができます。温度が設定されたしきい値を超えると、Eメール、SMS、または電話で直ちに通知され、食品の腐敗を未然に防ぐことができます。

この技術の実装は、各社のオープンRESTful APIを介して統合を可能にします。この統合は、Eagle Eyeのライブストリ-ム、ビデオ録画ストリームをクラウドベースのスウィフトセンサーダッシュボードで利用できます。これら最高クラスのクラウド監視カメラシステムを統合することで、リアルタイムのビデオと、ライブセンサーのデータと通知を組み合わせることができます。

Papa Murphy’s

Eagle Eye システム設定

Eagle Eye 製品 Eagle Eye クラウド VMS
北米
設置箇所  1 箇所
カメラタイプ IPカメラ
カメラ台数 6 台
Eagle Eye ブリッジモデル Eagle Eye ブリッジ 310
Eagle Eye ブリッジ 410
保存期間 14 日

スウィフトセンサー(Swift Sensors) システム設定

設置箇所 1 箇所
システム概要 6 台ワイヤレスセンサー
1 台汎用ブリッジ
ワイヤレスセンサー 配備 4 台ワイヤレス 防水 温度 センサー – 102R
1 台ワイヤレス リモート 温度 センサー – 105R
1 台ワイヤレス ドア センサー – 301R
ブリッジ 1 台汎用ブリッジ – 1020, セルラー方式
基準値 オープンドア
製品湿度
冷却温度
通知 設定範囲外温度通知 – Eメール、SMS、電話

お問い合わせ

成功した導入事例