日本でハッキングされたキヤノンカメラ

この投稿を共有する

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

ジャパンタイムズは、日本全国で数十台のネットワークカメラがハッキングされていたことを発表しました。被害にあった養護施設では、水路やその他の公共の場に設置されたカメラがハッカーによって完全にオフラインにされ、カメラは役に立たなくなっていました。

カメラシステムを設置するときは、次のことが重要です:

1) ハッカーがアクセスできるような、公共のアクセス可能なネットワークに、カメラを設置しない

2) 権限がないユーザーがアクセスできないように、デフォルトのパスワードを変更する

3) ファームウェアが常に最新であることを確認する

3つのステップすべてを行うには、時間と労力が必要ですが、サイバーセキュリティカメラインストールを安全に維持する唯一の方法と言えます。

これらのセキュリティー対策を講じるシステムの準備がない場合は、ハッキングされ危険にさらされる可能性が高くなります。今回の最新ケースでは、ハッキングの理由は不明なままで、カメラのハッキングによる犯罪は起こっていませんでした。 しかし我々は、サイバーハッキングのような犯罪行為が起こっている時代に生きていることは事実です。犯罪者によって簡単に無効にされるようなセキュリティレベルのカメラの設置は、無駄な労力になってしまいます。

幸いなことにEagle Eyeでは、Eagle Eye セキュリティカメラ VMSを設計・構築したことで、隔離されたネットワークを使用し、パスワードとその変更を管理し、リモートでのファームウェアのアップグレードが可能な、それらすべてを兼ね備えたシステムを提供しています。私たちはあなたを不安要素を解消できます。

ニュース記事は、ここをクリックしてください。

サイバーセキュリティブログを読む

無料体験 デモ